カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
平戸菊花飾薊文丸形宝壺(中)
77,000円(税7,000円) 〜 121,000円(税11,000円)
各オプションの詳細情報
サイズ
平戸菊花飾薊文丸形宝壺(中)
77,000円(税7,000円) 〜 121,000円(税11,000円)
平戸菊花飾薊文丸形宝壺(中)

こちらの宝壺は受注生産で承るため、ご注文はお問合せフォームよりご連絡をお願い申し上げます。お問合せ内容欄に、ご希望の商品名、大きさ、絵柄をご記入くださいませ。当窯よりメールにて、納品予定日やお支払い方法についてご返信申し上げます。

制作には、ご注文日からおよそ3ケ月かかりますので、予めご了承くださいませ。

大きさ:全体 径14.5僉濆16僉碧楝里罰犬旅發鬼泙瓠

本体 径14.5僉濆13.7僉ヽ検〃11.2僉濆3.3

宝壺は、終の棲家としてお使い頂くために心を込めて制作しています。

大きさは3種類あり、大きさと絵柄により価格が異なります。中蓋には、華やかな平戸菊花飾を細工しており、中蓋と本体底には息抜きのための穴を開けています。宝壺は、本体、中蓋、蓋の3個の部品に分かれます。

 ♂文丸形宝壺(小)77,000円(税込)

  :径13.2僉濆14.5僉碧楝里罰犬旅發鬼泙瓠頬楝痢〃13.2僉濆11.8僉ヽ検〃9.2僉濆2.8

 ∫文丸形宝壺(中)99,000円(税込)

  :径14.5僉濆16僉碧楝里罰犬旅發鬼泙瓠頬楝痢〃14.5僉濆13.7僉ヽ検〃11.2僉濆3.3

 i文丸形宝壺(大)121,000円(税込)

  :径17.2僉濆19.2僉碧楝里罰犬旅發鬼泙瓠頬楝痢〃17.2僉濆15.5僉ヽ検〃13.2僉濆4

薊文は、当窯に伝わる伝統図柄です。当窯で大切に保管している先祖から伝わる絵の手本帳にも薊の花が描かれています。

本作品は、平成26年に佐世保市無形文化財、令和3年に長崎県無形文化財に指定された平戸菊花飾細工技法によるものです。 平戸菊花飾細工技法は、磁器製の菊の花で、手捻りの技法で用いられるパーツの一つです。先端のとがった竹の道具で、磁土の塊りから花びらの形に一枚ずつ切り出します。1周したところで、今度はそれらを一枚ずつ起こしていきます。何周もくり返すことによって菊の姿が現れてきます。壺や蓋、瓶に装飾として貼り付けられます。彫り起こしたときは、花びらの一枚いちまいが鋭く立っていますが、釉薬をかけ焼成を経ると自然の菊のような柔らかさが醸し出されていきます。

長崎県無形文化財保持者の中里一郎による平戸菊花飾細工技法